電話占いは頻度が大事

電話占いにかけたことはありますか。初めはなじみがないと、かけづらいかもしれませんが、アドバイスなどを聞くととても参考になり、なんどもかけたくなってしまう人が多いのではないでしょうか。そんな電話占いを利用する適切な頻度とは、どのくらいなのでしょうか。
以前、電話占いピュアリを利用した際、占い師さんに頻度についておたずねしたところ、頻度は多すぎても少なすぎてもいけない、といわれたのですが、どういうことかというと、以下のようなことでした。
毎日毎日悩み事が不安で電話ばかりして来る人がいた。しかしその人は、聞いている間に行動していなかったから、人に聞いてばかりいないで、聞かずに自分で考える時間も必要なのです、ということでした。一方、聞かなければそれでいいというわけではありません。悩み相談をした後、自分でトライしてみて、またしばらくおいてから相談するのがベストだそうです。それは、その間のその人の行動を知り、さらにアドバイスがしやすくなるからだそうです。
なので、電話占いに限りませんが、占いの頻度は考えながら行うべきです。しかし、やはり一度占いを利用すると、やみつきになってしまうものですね(笑)

・友達と仲直りが出来ました
大学に入って仲がよかった友達と大喧嘩をしてしまいました。それまではお互いの家に行き来して、泊まったりもするほど仲良しだったのですが、ある日突然とても小さなことから大きなケンカに繋がってしまいました。
一番仲の良かった相手とケンカをしたので、誰にも相談をすることが出来ませんでした。普段何か悩みがあると、その友達に相談していたので、その友達とのことを相談するには、誰に話せばいいのかわからなかったのです。しかしパソコンで見つけた電話占いピュアリというところに、恋愛相談やケンカなどとかかれてあるのを見て、すぐさま携帯電話を取りました。値段が気になるところでしたが、見てみたところ、想像よりもはるかに安く、びっくりするような高額料金を取られるということはありません。
しかしそうはいっても学生の身なので、話を端的に話すために紙に言いたいことをあらかじめ記入しておくなどの工夫はしました。そして話を聴いてもらい、今後どう自分が行動をすべきなのかということを教えていただきました。そのおかげで今は二人仲良くまたお互いの家に行き来をしている状況が続いています。
冷静になるために、一度そういったものに頼るということもとても大切でした。今も何かがあるたびに相談をします。友達以外のことでも悩んだ際は利用しています。頻度としてはそこまで頻繁にすることはありませんが、1か月に一度は話をするようにしています。あまり頼りすぎるのは良くないし、自分の行動確認を占い師にしてもらうような気持ちで利用しています。

・一ヶ月に一度、たったそれだけ
どうしても人には言えない悩みを抱えて、そこから自分の力だけではどうしても抜け出すことが出来ないという時に電話占いという手があります。
実際に電話占いピュアリというところで電話占いを活用してみたのですが、顔が見えない分、他人には話しにくい話もすらすらと話すことが出来ました。そしてそのことに対してのアドバイスや、将来こういった活動を視野にいれていけばいいといったようなアドバイスを受けることが出来ました。
一人で行き詰っていたことこが嘘のように、すっきりとした気持ちで電話を切ることが出来ました。仕事上、どうしても他人には話をすることが出来ないことも多く、その度に自分の中でどんどん積もり募っていくストレスがここで発散されるようになりました。
頻度としては一月に一度程度です。それだけなので費用もそこまでかかりませんし、気分もとても清々しくなるので生き抜きにとても調度良いです。

2015年8月28日